ローヤルゼリーでエイジングケア♪

-選び方から効果まで丁寧に説明します!

画像

更年期障害を緩和させるローヤルゼリー

女性は年齢とともに、だんだんと女性ホルモンを作る機能が衰えていき、
ちょうど40代、50代くらいになると女性ホルモンが少ないことによる更年期障害に悩まされる人達が多いんです。

そのためにちょっとのことでいらいらしたり、
なぜか腹立たしかったり汗をたくさんかいたり、
暑くもないのになぜかほてってきたりなどの症状が出てくるんです。

中には精神的に不安定になりすぎて、うつになる人もいるんです。

基本的に、自律神経失調症に分類される更年期障害は周りの人からはあまりわからないですが、
本人にとっては症状は軽くはないんです。


このような症状を軽減できるとしてローヤルゼリーが注目されているのは
女性ホルモンに似た働きをする女性ホルモン様物質というものが含まれているからです。


その名前はデセン酸です。
ローヤルゼリーの中でも、良質であればあるほどこのデセン酸の含有量が多いと言われていて、
非常に注目されている栄養素です。


大豆に含まれる大豆イソフラボンも、女性ホルモンと同様の物質として非常に人気を集めていますが、ローヤルゼリーも強力な女性ホルモン様物質であるデセン酸を含んでいるということで、
最近では40代から50代の女性の購入者が増えてきています。


効果としては大豆イソフラボンよりも女性ホルモン効果が高いようで、
実はバストアップサプリなんかにもローヤルゼリーは含有されるほどなんです。


また、ローヤルゼリーの成分の中で女性の更年期障害に効果が高いのはデセン酸だけではなく、アセチルコリンという物質なんです。
こちらは自律神経を正常に治してくれる効果があるということで、更年期障害に効果的な栄養素と言われています。


デセン酸やアセチルコリンなど以外にも豊富なビタミンやミネラル、アミノ酸が含まれていることによって、お肌のアンチエイジングにも効果が高いとあって、
ローヤルゼリーは心と体の両方から更年期障害をサポートしてくれると言えそうです。
また、いくら身体に良いからと言って過剰に摂取するのはよくありません。ローヤルゼリーの一日の摂取量についてもきちんと知っておきましょう。

コンテンツ コンテンツ

おすすめ おすすめ