ローヤルゼリーでエイジングケア♪

-選び方から効果まで丁寧に説明します!

画像

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸って何?

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸は、ローヤルゼリーの中にしか含まれていない栄養素です。

デセン酸は、正式名称10ヒドロキシデセン酸と呼ばれます。

化学的には脂肪酸の一種に分類されていて、ローヤルゼリーの中の栄養素でも極めて貴重な栄養素です。
ちなみに脂肪酸とは脂肪が水分で分解されてできた化学物質で、身近なものだとグリセリンなどがあります。


デセン酸の主な働きには皮脂の分泌量を抑制してくれる作用や、女性ホルモンに似た作用、
また、糖尿病の方にうれしいのが血液中の糖分の急激な上昇を抑えてくれる働きを持っています。

更に、最近健康診断でコレステロール値が高かったんだよなーという方にも嬉しいことに
血中コレステロール濃度を低下してくれる働きを持っているんです。
これだけたくさんの優良な働きをしてくれる効果があるので、デセン酸はローヤルゼリーの中でも注目が高い成分なんです。


女性ホルモンの働きを持っているということから、特に高齢の更年期を迎える女性などの不安やいらいらなどを抑えるためにも効果的です。

他に女性ホルモンに似た働きを持つ栄養素として
強力なものにプエラリアミリフィカなどがありますが、あそこまでは強力ではないので男性の方も安心してローヤルゼリーを飲むことが可能です。


実は、ローヤルゼリーの選定方法として、良いローヤルゼリーにはデセン酸がたくさん含まれているという指標が用いられているほど。
それだけ影響力の高い成分で、直に体への影響を感じ取れるくらいなんです。

もともとビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれているローヤルゼリーなのですが、
それ以上に有効な成分が含まれていることを知られて、余計に人気が高まってきています。

なにせ通常数か月から半年しか生きられない働きバチを数年間生きられるように成長させてくれる
ローヤルゼリーということで、デセン酸の働きがかなり影響力を及ぼしているのでは?
と期待されています。
また、よく混同されがちなローヤルゼリーとプロポリスの違いについても知っておきましょう。

コンテンツ コンテンツ

おすすめ おすすめ