ローヤルゼリーでエイジングケア♪

-選び方から効果まで丁寧に説明します!

画像

ワーファリンを服用中の方は注意しましょう

ワーファリンの薬を飲んでいる方ですと、ローヤルゼリーを飲んだ時に副作用が出ることがあります。

ワーファリンは血液凝固抑制剤の働きをする薬で、
別の商品名では、ワルファリンKなどの名前がついています。

薬品としての正式名称はワルファリンカリウムです。


血管のどこかに血栓などがある方の治療薬として用いられることが多いこのワーファリンですが、
ローヤルゼリーと一緒に摂取することは避けたほうが良いようです。

なぜなら、ローヤルゼリーはこのワーファリンの働きを強化してしまうという事例が報告されているからです。
つまり、血液が凝固しにくくなると言った症状が出ることになってしまいます。


実際にあった事例としては、
ローヤルゼリーとワーファリンをともに服用していた際にケガをして出血多量でショック状態になったり、
下痢をした際に血も一緒に流れてきたりなど様々な報告がされています。

また、ちょっと鼻をかんだだけで鼻血が出たり、それが止まらなくなったり、
内出血が止まらないなどの危険な症状も十分に起こり得ると言えます。


もしも動脈硬化の治療として、ワーファリンを飲んでいる方がローヤルゼリーを摂取して
健康増進を図りたい場合には医師と一度相談をしてみることをおすすめします。


ローヤルゼリーは一般的に副作用のほとんどない食品として考えられていますが、
このようにワーファリンとの同時摂取によって出血多量などの危険な症状を引き起こす可能性のある食品です。


ただ、ワーファリンを服用している方で生活習慣病などの改善のためにローヤルゼリーをどうしても摂取したいという場合には、含まれている栄養素を個別に摂取したり、
その代替栄養サプリメントを用いることで栄養補給を行うことが安全です。

ワーファリンとの同時摂取によって、出血多量などの危険があるかもしれないローヤルゼリーを
わざわざお医者さんもすすめないと思いますので、自分の判断で間違った選択をしないようにしましょう。

コンテンツ コンテンツ

おすすめ おすすめ