ローヤルゼリーでエイジングケア♪

-選び方から効果まで丁寧に説明します!

画像

ローヤルゼリーはどうやって採取する?

ローヤルゼリーは自然の蜂の巣からそのまま集めていると思っている人達が多いですが、実は違うんです。

女王蜂が成虫になってからでは、ミツバチたちは口移しでローヤルゼリーを女王蜂に与えることになりますので、成虫になってからでは採取しにくくなります。


基本的にローヤルゼリーを集めやすい方法が、女王蜂となる蜂達が幼虫の時にローヤルゼリーを集める方法なんです。

通常ローヤルゼリーを採取するためには、女王蜂が成虫になる前の幼虫の時に育つ王台と呼ばれる下に穴のついたコップ状の巣をはぎとってその中から幼虫をよけて採取することが基本なのですが、
その方法だと巣を壊したり、嬢王蜂を殺してしまうことになりますし、ミツバチにとっては大迷惑。

加えて、自然に作られる王台はそこまで数が多くないので、十分な量を確保することができません。

ですので、一般的に採取する際には人口で作ったコップ状のはちたちが入ってくる穴が下についている王台を巣に設置します。
そして、そこにメス蜂の幼虫を入れておくんです。
蜂達はそこに自然のローヤルゼリーを溜めていきますので、たくさん溜まってから王台をはぎ取って幼虫を慎重に取り出して採取します。


何よりも鮮度が大切なのが、ローヤルゼリーなので基本的には巣から採取するまでの時間が2日~3日と決められているのが特徴です。
それ以上置いておくと品質が下がることが考えられるので、できるだけ迅速に作業が開始されます。
ただし、女王蜂を殺したり、蜂の巣を壊したりなどといったことはしないので
蜂達にとっても安心していられるようです。


このようにして摂取したローヤルゼリーはやはり多くの量を摂取することは難しいのでどうしても値段が高くならざる負えません。
ただし、それだけ貴重で効果の高いものであると思えばいいと思います。

食べる際や保管する際には、できるだけ小分けにして残ったものはまた冷凍するようにして食べることをおすすめします。
こちらにローヤルゼリー製品の人気ランキングがありましたので参考にしてください。

コンテンツ コンテンツ

おすすめ おすすめ